何がかかるの?賃貸を借りる際の初期費用って?

払う必要がある初期費用があります

賃貸物件を借りる際には月額賃料の3ヶ月から5ヶ月分程度の初期費用が必要です。中でも敷金・前家賃・家賃の0.5ヶ月分の仲介手数料・火災保険料については、特別な事情が無い限りは支払いが必要な費用です。不思議に思う人もいるでしょうが、これ以外の費用については物件ごとの募集条件により異なります。 礼金については新築間もない物件や人気の部屋に対して設定されているケースや、ペットを借りる場合の条件として提示されることがあります。礼金についは大家へ支払うことで感謝の意を示すものですが、礼金を大家が受け取れる物件には住宅ローンが無い賃貸物件に限られているので、オーナー変更のリスクが少ないというメリットが含まれているので額が少なければ寧ろ積極的に選ぶ人もいます。

任意で支払う初期費用には気を付けよう

不動産屋を通して賃貸物件を借りる場合には、残念ながら任意で支払う費用を強制徴収されてしまうことがあるので警戒する必要があります。任意と説明した上で同意を得て徴収するのであれば良いわけですが、当然のごとく話を進める強引な不動産屋がいるので避けることが無難です。 保証会社への加入、鍵交換、抗菌施工費用、0.5ヶ月分を超える仲介手数料の支払いについては、原則として任意です。これらの費用を支払うように強制される場合には、一度大家と直接電話する機会を設けてもらうと良いでしょう。なぜこれらの費用が必要となるのかを説明してもらい納得すれば支払うことが出来ますが、多くの場合では大家の意向ではなく不動産屋と業者の間でキックバックが行われているために払わされている実態を知るだけで無駄な費用を支払うことが少なくなります。